Table Inspirations: Original Ideas for Stylish Entertaining
Table Inspirations: Original Ideas for Stylish Entertaining
Emily Chalmers, David Brittain

table inspirations
original ideas for stylish entertaining (emily chlmers著)
(RYLAND PETERS & SMALL)

この本は、多分日本語訳のバージョンも出いてると思います。

2年くらい前に買ったものだと思うのですが、まずは、この表紙の、ピンクを使ったコーディネートに惹かれました。

ピンクというと、ついつい甘くなりがちなのですが、これは、適度に甘く、そしてカジュアルな雰囲気がとっても気に入ったのでした。

テーブルやイスが、オールドパインであること、グラスが厚めのカジュアルタイプなこと、カトラリーがシンプルなデザインであるコトなど等、じっくり見ると色々理由があるのですが、とにかく第一印象で、久々に洋書のテーブルセッティングの本を手にとりました。

『おしゃれなテーブルセッティング』のウルフマンさんのセッティングも、当時のモノとしては、随分とカジュアルなものですが、こちらが新鮮に感じられるのは、ちょっとした小物(空き缶をストロー入れに使ったり、人工芝をランチョンマットに使ったり・・)や写真の撮り方、部屋の様子など、時代の雰囲気なのでしょうか・・

時代の流れと言えば、日本のお料理本などに見られるセッティングで思うのは、より日常感が大事にされているということ。

以前なら、ピシッとアイロンがかかったクロスが当然だったのに、今では、洗いさらしたキッチンクロスなどが乾かしたまま、しわも伸ばされずに使われていて、それがまた、素敵!!なんて思います。

こういうモノは、多分、料理研究家かコーディネーターの私物であって、その、いかにも毎日使ってます感が、その奥の素敵な暮らしを彷佛とさせて、料理により奥行きを持たせてくれるのでは無いかと、思ったりします。
丁寧な暮らし、可愛いキッチン(別にファンシーと言う意味では無くて・・)が見えて来るコーディネートと言うか・・
ファッションも、スタイリストがお店から借りて来た最新の組み合わせより、街角スナップのセンス良い人の方がより心に残るのに似ています。


おしゃれなテーブルセッティング
おしゃれなテーブルセッティング
ペリ ウルフマン, フタガワ アキコ, チャールズ ゴルード

『ZAKKA catalog』のバックナンバーを見ていたら、懐かしいページを見つけました。

1989年6月のZAKKA catalogなんですが、「いま、いちばんエキサイティングな都市。ニューヨークで雑貨探検」という特集で紹介されている、ペリー・ウルフマン(Peri Wolfman)さんのお宅。

テーブルコーディネーターにして、当時”Wolfman-Gold&Good Company"というお店をソーホーに開いていたのですが、今は白にしか興味ないという彼女の、白でまとめられたキッチンは、オープンな棚と言い、当時の私の憧れで、いつか彼女のお店に行きたい!!と思ってましたが、どうも、今は無いようです。

テーブルコーディネートにとっても興味があった頃だったので、日本語訳された彼女の本、『おしゃれなテーブルセッティング-THE PERFECT SETTING-』(PARCO出版)も、何度も見て、コレを見ていると幸せになるんです・・って言って、そんなことで幸せになるなんて、幸せな人ネェ・・なんて、半分あきれられたようなコトがありました。

憧れの、バスケットを使ったピクニックのセッティングから、大勢のパーティー、会社でのちょっとしたランチなどなど、とっても素敵なセッティングが一杯だったのですが、一番好きだったのは、彼女の部屋のカジュアルなセッティング。

白いソファと、ただの台みたいな、飾りッけの無いテーブルがとても素敵でした。

このテーブルが、まるで、学校の教壇みたいな正方形の箱のようで、普段は二つを重ねていて、大勢の時には、横に二つ並べて、床に座るようになっていて、それも素敵でした。


そして、今は合羽橋で買える『ペールボックス』に、中華料理のテイクアウトが詰められていて、それを柳の箱に3箱づつ入れてあるのですが、まず、このテイクアウトのボックスがオシャレで良いな〜と欲しかったのを覚えています。

クロス代わりに、キッチンタオルをしき、その上に竹の大きなトレーを一人づつ置いて、その中に、私も持っている、中国製の(多分)魚が描いてあるお皿、小さな一人ようの白いポット、斜めに置かれたお箸、麻紐で結ばれた、ナプキン用のキッチンクロス・・と、今見てもとてもオシャレでカジュアルで素敵です。

1

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

かみさま
かみさま (JUGEMレビュー »)
大平 一枝, 小林 キユウ

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM