大東京ビンボー生活マニュアル (1)
前川 つかさ




どうして手にとったのか忘れてしまったのですが、私も息子も大のお気に入りの漫画。
初出が1986年週刊モーニング増刊5/10号ということらしいから、もう18年も前の漫画なのです。
主人公は、大学を出てはいるのだけど、無職のコースケで、彼のビンボーだけれど、のんびりとした暮らしが描かれています。
トイレも共同、フロ無しの下宿に住む彼の暮らしは、清々しいくらいに、シンプルライフ。
テーブルなんてトンでも無い。
新聞紙が机代わりで、そこでノリ弁やカップヌードルも食べれば爪も切る・・
ガスも来て無いので、電気ポットでお湯も沸かせば、スパゲティーも茹でる。
グルメとは程遠い彼の生活なのだけど、出て来る食べ物が美味しそうなこと!!
歩きながら食べる商店街の揚げ立てのコロッケ、まん中から切って、(隣の学生の持っている)オーブントースターでアンの方を焼いて食べるアンパン・・・お金の無い3人が集めたお金で買ったお豆腐と葱と白滝で作った鍋・・などなど、どれもこれもたいしたこと無いものなのだけど、丁寧に描かれた描写と、ハフハフ言いながら食べるコースケの美味しそうな顔のせいで、読んでいるとついつい今すぐに食べたくなるのです。
食べてるだけでは無くて、お隣の学生さんの留守中に、彼のビデオデッキを借りて、図書館から借りた名作ビデオ(小津安次郎など・・)を何日も見たり、大家さんのお手伝いをして、ヘチマ水で彼女に化粧水を作ったり、じっくりと本を読んでいたり・・・
たまにバイトをするくらいでどうにか暮らしていける、のんびりした暮らしぶりは、今となってはユートピアのような暮らしかもしれません。(当時だって、そうかもしれませんが・・)
何も持たない彼ですが、お父さんのお下がりの古いオーダーのスーツは持っていたり、革靴は大事に手入れをして履いていたりで、貧しくても豊かな暮らしなのです。
最近、普段の何気ない暮らしを丁寧に・・と、アチコチの雑誌で見かけることが多くなったような気がしますが、そういう所に通じるような気がします。
とは言え、食いしん坊の我が家のお気に入りになったのは、文庫全5巻に散らばるB級グルメの数々のせいなのですが・・

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.jara2.com/trackback/13357

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM