そら色の窓


佐々木 美穂


コラージュやイラストが大好きな佐々木美穂さんの初めての本です。

何といっても、2003年の個展で買いたかったけれど、私にはとても手が出ないお値段だったので、買えなかった美穂さんのコラージュが沢山載っていて、それは表紙を見ても判るように、とってもさり気なくてシンプル。

ノートの切れ端にちょこっと色のついた紙が貼られていたり、ビリビリと破られた紙にチョコチョコっと色鉛筆かクレパスのようなもので、色がつけられていたり・・・どれもなんてコトないさり気なさなんだけれど、見る度に、これ好き!!大好き!!と、胸が締め付けられる・・・なんでかな・・紙好きノート好きな私の心のドコかに訴えかける何かがあるのかな・・

毎日の生活を大事に、丁寧に暮らしておられるンだな・・と、感じられるエッセイも素敵です。


以前雑誌から切り抜いた記事で、その頃はただ素敵なお部屋だと思っていたのですが、実は佐々木美穂さんがちょうどZAKKAのお店で働かれた3年間を経た後の頃だったんだなと判って、沢山ある切り抜きでずっと心に残っていたわけが判ったような気がしました。

シンプルというか”〜風”という色は無い、普通なカンジなんだけれど、一つ一つ自分の好きな物を丁寧に選び使われているんだな〜と判るお部屋で、それは、高橋みどりさんのお部屋にも通じる、普通さ、まっとうな暮らしが背景に見えるお部屋なんです。


日常が大事ってコトなんですネ・・。


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM