スチームボーイ 通常版

息子達と『STEAMBOY』を見た。
『AKIRA』で有名な、大伴克洋さんの話題作で、19世紀のイギリスを舞台とした冒険活劇って言うのかな、2時間以上の長い映画だったけれども、最初から最後まで、ポカンと口を開けたまま、映画の世界に引き込まれて見ました。
実は、劇場は小さめで、前から2列目しか空いて無いし、チケット売り場の人にも、見えにくいですよ〜〜って言われて、『シュレック2』にした方がヨカッタかな・・などと心配だったのだけれど、もう、画面が大迫力で迫って来て、上向きの姿勢で見ていたせいで、ちょっと頭は痛くなりそうだったけれども、なかなかヨカッタでした。
科学の進歩と平和の問題、国家や個人によって変わって来る正義の難しさなどなど、様々な重いテーマを含んだ内容だったけれど、そしてソレについては、映画で解決されているわけでは勿論 無くて、見た後のひとり一人に残された問題ではあるのだけれど、でも、とにかく、中だるみのナイストーリーは、とても面白くワクワクしながら見れました。
コンピューターを使って描かれたということらしいのですが、私がイメージするコンピューターの映像とは違って、もっとアニメらしい、柔らかいと言うか、暖かみをちゃんと感じる映像で好きでした。

そして、CGでどんな世界でも描かれる実写版の映画とも違う、アニメにしか作れないだろう風景と言うか世界があって、さすが・・と思いました。(って、『AKIRA』見て無いのですが・・)

色々思いだすシーンはあるのですが、空からのロンドンのシーンを見て、昔大好きだった、ディズニーの『ピーターパン』を思いだしました。
見ていてとても気持ちイイノです。

話題の作家の話題の作品だから、アチコチで語られるのでしょうが、アニメについては、何も知らない私みたいなオバサンでも楽しめる作品ってトコが素敵だな〜なんて思います。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM