内田彩仍さんのDear,sweet home―おうちがいちばん
内田 彩仍


福岡在住のスタイリスト、内田彩仍さんの生活まわりの本です。
内田彩仍さんのことは、雑誌で見たシンプルで素敵なリネンの手作りバッグで知ったように思いますが、その後、友達に教えてもらった素敵なHP"A*Garden"が彼女のページだと知って、ますます興味を持ちました。
この本では、白い壁、古い家具、白やベージュのリネンなどなど、シンプルだけれど冷たくない、心地よいインテリアが素敵な内田さんのおうちの様子や、小さなアイディアが、沢山の写真と共に紹介されています。
わたしが一番興味を惹かれたのは、雑誌や手紙のオシャレな整理の仕方。
1年めは、読み終えたら広告を切り取ってコンパクトにしてから収納、2年めには残したいページだけ、3年めに残った物を、テーマ別のクリアファイルに入れるということで、捨て過ぎない、でも効率的な整理法で良いな・・と思いました。(が、かなりマメで無いとだめかな・・)
そして、内田さんの素敵なのは、無印などのシンプルな収納箱を使うのにも一工夫ある所で、スティールの名札差し(あの昔の図書館の目録カードの木の引き出しにくっついていた四角い金属の枠のラベルです・・って判るかな・・)をくっ付けたり、白いマーカーで、オシャレな筆記体でメモしてあったり・・、手がかかっているけれど、かけ過ぎない・・その辺りの加減がイイのです。
また、そのオシャレな手書き文字なんですが、かっこいい文字を書きたくてスケッチブック一冊分練習されたとか・・やはり努力ありなんですネ。
さて、この本は、内田彩仍さんのお気に入りのお店、chabbitさんの通販で買ったのですが、おまけ付きで、しかもオシャレなラッピングで大満足でした!!
このおまけは、二通りあると知ったのは、Latteのnico*さんに聞いてからなんですが、彼女はミニブラシで、私は、アルミのお皿に内田彩仍さんのレタリングのアイロンシールで、表紙の写真と同じ(だと思います)で、なんて素敵!!と感激でした。
ポストカードももちろん素敵なんですが、ちょっとひと味違っていて、嬉しいな、良いな・・と思いました。
これからもきっとどんどん雑誌などに出てこられるだろう内田彩仍さんですが、紙スキー、ノート好きの私としては、ぜひそういう分野でのものも見てみたいと思いました。
キャトルセゾン小倉では出版記念イベントも今日まで(2005/02/28)催されているようで、羨ましい!!
昔は本を出したり何かをするにはまず東京に居なくては・・っていうカンジでしたが、今はネットのおかげもあって、こんな風にドコにいても素敵な暮らしをしている人、モノを作る人のコトを知ることが出来て、良いなと思います。
色々大変なこともあるネットライフですが、こんな風な良いことはどんどん広がって行って欲しいなと思います。

この記事のトラックバックURL : http://blog.jara2.com/trackback/37429

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM