おおきく振りかぶって (1)
おおきく振りかぶって (1)
ひぐち アサ


ビクビク・・メソメソ・・と、とても高校野球のピッチャーとは思えないキャラの三橋は、中学時代、自分の祖父の学園で監督に贔屓されてエースの座に居続け、そのため、他の部員から嫌われ、チームは負け続け、もうみんなに迷惑かけてはいけないとようやく決心して、公立高校に入るンだけれど、出来たての野球部になりゆきで入部、彼の細やかなコントロールを生かせるキャッチャーに出会い、女性ながら的確な指導をしてくれる監督や個性的なチームメイトと共に甲子園を目指すのだった・・・

かなり大まか過ぎるあらすじですネ・・でも、その昔『スラムダンク』にハマった時と同じく、最初からどんどん引き込まれていって、野球と言うかスポーツ全般、するのはモチロン、見るのも好きじゃない私なんだけれど、今年は高校野球見てみようかな・・って思うくらい。

例えば、キャッチャーのボールコースの組み立てなどが、細やかに描かれていて、何も知らない私でさえ(イヤ・・だからこそ・・!?)ヘェ〜そうなんだ〜なんて、つまらないと思っていた野球の面白さを感じたりするっていうこともあるのだけれど、何より、出てくる人々が、脇役、あるいは、普通のマンガだったら敵役となって、ある意味お座なりに描かれそうなところが、とても丁寧に描かれているところが、良いなと思う。

それは、いつも例えに出してしまうんだけれど、クドカンのドラマにも、「はちみつとクローバー」にも言えることで、一方的に主人公視点で描かれていない、脇役までちゃんと描かれていて、奥行きがある。

1〜2巻で、三橋のいた学校のチームと試合があるのだけれど、今のチームはモチロン、三橋が追われるようにして出て来た元いたチームのコ達の気持ちも、よく判るなと思わせられる描き方がされていて、清々しく、みんな野球が好きなんだね・・みんなエエコや〜〜とジンと来た。

本当に野球が大好きな作者だな・・というのが、読んでいても伝わってくる濃さというか、盛り沢山さっていうのでしょうか・・キャラの描き方も、ストーリーも魅力的な作品です。




好きな理由
好きな理由
高橋 みどり


高橋みどりさんの新刊『好きな理由』(メディアファクトリー)
-ここらへんでもう一度私の好きなものを見つめて、
好きの基準を知っておこう。
そうして自分流の気持ちのいい生活を始めよう。-
と、帯に書かれています。
久しぶりのお引っ越しを期に、見極めて買うようになったな・・と思っていた割に、モノが多くて、片付けても片付けても減らない山に、「愚かな自分を見ているようで恥ずかしくもあり、腹立だしくもあった。」・・とのこと・・
ああ、胸にズキンと響くこのお言葉・・
最近私もようやく思いはじめているコトでもあるのですが、好きと思って持ち帰ったモノをもっとじっくり見てやらなければ・・ってこと。
去年12月のクリスマスイベントで「プチココ的雑貨のススメ」でプチココさんもおっしゃってました・・「お家に帰ったら、戸棚を開いて好きな雑貨をじっくり見て、どうやったら素敵に置けるか思ってみて下さいネ・・」って・・
なので、今年はなるべく家にある雑貨を日記にも登場させてやりたいな・・と思ってます。
で、今日はこの本にも載っていて、あ〜私と同じ!!と嬉しくなった岩田美智子さんの箱を、高橋みどりさんの真似をして、本棚に置いてみました。




本棚に並べてみて判ったのは、本の背の色の大事さ・・
私は文庫本も見分けがつかないので、カバーを外したり、逆に無地のカバーをつけたりするのは嫌いなんですが、この岩田さんの白い箱を並べてみると、カラフルな背が並んでいると似合わないっていう、マァちょっとでもセンスのある人だったらすぐに気が付くコト・・
で、撮影用に、至急背の白っぽい本を集めて並べてみました・・
うんうん・・やっぱりカラフル背表紙よりは似合ってる。
とは言え、撮影が終わったら、岩田さんの箱もまた壁に取り付けた棚に返すので、カバーは元通りなんですけれども、この辺り徹底できないところが、オレ流なんでしょうがない・・
さて、高橋みどりさんのこの本ですが、生活の中で使われている、器や洋服、布やトートバックなどが、写真と文で紹介されていて、お惣菜風のお料理ののったお皿や、ちょっとしわが残っている清潔そうなランチョンマットやクロスが、いいカンジの生活感をかもし出していて、とてもいいのです。
普通にまっとうな生活というか、朝御飯をちゃんと食べて、朝家中の窓を開けて、洗濯してたたんで・・
なんてこと無いけれど、大事なコトを淡々と毎日続けているという生活が向こうに見えて、ああいいな〜と思うのです。
その昔の高橋みどりさんのお家の、なんとも普通なお料理しやすそうな台所の写真が気になってスクラップしていたのでしたが、私が惹かれたのは、こういう真っ当な普通の生活故なのかな〜と(自分には無いものなので・・)思いました。
2月18日には、「ひさしぶりの引っ越し」という本も出るそうで、これもとても楽しみです。

紙から生まれる暮らしの愉しみ
紙から生まれる暮らしの愉しみ
井上 由季子
文房具好き、紙スキ〜な私がピピ〜〜ンと来た一冊。

紙が好きな井上由季子さんの、紙を使った様々なアイディアや生活のシーンなど・・・とても興味深い。

消しゴムのかけらでスタンプして作る便せんや、バーコードを模様にしたノート、ワックスペーパーを縫ったラッピングや、ドコにでもあるタッグシールの目からウロコのラベル作り・・。

どれもシンプルで簡単なアイディアなんだけれど、新鮮でハッとさせられるし、何より、オシャレ。

ドコでも手に入るようなモノが、誰にでも出来る簡単なアイディアでオシャレで素敵なモノになるんだな〜って、嬉しくなります。

その昔、シールも便せんも可愛いモノが無くって、外国のものだったり日本のモノでも知る人ぞ知るというモノを知っていて、ソレがドコに有るか判っているってコトが大事だった頃からすると、随分と成熟した時代になったんだナ〜と、つくづく思いマス。

あの人の暮らしかた―essence of living
あの人の暮らしかた―essence of living
津田 晴美


津田晴美さんの本はすきなんだけれど、その中でも大好きで何度も読みたいと思っている本。
津田さんが影響を受けて来た、本や映画などのお話。
さすがというか、どれも私が知らない本ばかりで、建築家ル・コルビュジエ、アイリーン・グレイ、名前は知っているけれど、イラストしか知らないサラ・ミッダ、そして、最近ようやく名前を知ったデレク・ジャーマンの庭のコトなど・・
津田さんの文を読んでいるとどの本にも興味が湧いて来て、読んでみたくなるのです。
とてもセンスの良い先輩に新しい世界を教えてもらっているような、そんな気分でどんどん読み進めては、アレはどういうタイトルだっけ・・と前に戻ったり・・。
映画も、公開された時には興味なかったようなものでも、そうなんだ〜そういうシーンがあるんだ・・と、見てみたくなりました。
ちょこちょこしたシーンが好きな『小公女』は、この本で映画がある事を知って、ビデオ屋さんで借りてみました。
テレビで見た小津安二郎の『お早う』は好きだけれど、見ていなかった『浮き草』も、今度ぜひ見たいと思っています。
映画も本も、その中の生活感を大事に紹介されているという所が、私が求めているものにピッタリだったんでしょう。
今日、この本を日記に書こうとページをめくっていたら、また読み返したくなりました。

+++++++++++++++++++++++

-アール・ド・ビーブル-
ル・コルビュジエの小さな小屋
アイリーン・グレイの海辺の家
ブランク−シのアトリエ
サラ・ミッダのガーデン思想書
サラ・ミッダの南仏プロバンス
マチスの花、木の葉のデッサン
ジム・トンプソンのコレクション
ジム・トンプソンの伝説
ラッセル・ペイジの庭園と墓
デレク・ジャーマンの庭
ふたたび小屋への熱き思い
-まなざし-
写真家たちの撮った猫
犬らしく、人間らしく
タクシードライバーの格言
わが心のニューヨーク
『ザ・ニューヨ−カー』のカリカチュア
猫の手も借りたい
やさしい言葉の素晴らしさ
写真家スノードンの野生の果実
樹の話を聞きたい
エミリー・ディキンソンの詩
オキーフの100枚の花の絵
旅先から持ち帰れないもの
お茶はいかがですか?
庭の道具たち
-女という難しい生きもの-
ジョージア・オキーフの風景
ひとりで海へ持ってゆく本
百年も前に女ひとりの世界旅行
アウト・オブ・アフリカ
もうひとつの『アフリカの日々』
ダイヤモンドのようなジャッキー
-人生はおかしい-
日々のディテールこそ生きる楽しみ
ちょっとした偶然が重なって生じるおかしさのタペストリー
笑いがマイナスの場を好転させる底力になる
頭のいい豚を通して見えてくる人間社会の抱え持つ問題
あこがれは水辺で菜園がある小さな家
-「大人になる」ことの愉しみ-
メランコリックな海景色とイカした曲とコテージと
現代感覚の映像技術を巧みな美術によって甦った物語
『夢の降る街』ニューヨークで肉屋の女房として働くのも悪くない
滑稽なほどにひたむきでせつない『ガ−プの世界』
忘れてしまいたい記憶に真実はひそむ
モダニスト小津安二郎にトータルの美学を学ぶ
調和を原点とする『インテリア』と片付けられない人のこころ
『裏窓』はアパートメントライフへの憧れを掻き立てる映画
都会とはあなたにとっていったいどんなところ?
あとがき
++++++++++++++++++++++++++++++

パリの手作りおくりもの
パリの手作りおくりもの
ジュウ・ドゥ・ポゥム


『パリジェンヌたちのアトリエ』と共に、今お気に入りの本で、帰省の際にも持ち帰った本。

表紙の犬の縫いぐるみは大好きなナタリー・レテさん作。
中にオルゴールが入ったdoudou(ドゥドゥー)というもので、日本と違って赤ちゃんの頃から一人で眠るフランスでは生まれるとすぐに用意されるものだとか・・
ファンシー過ぎないとぼけた表情が良いなと思います。

どのページにも、アーティスト達が子供のために作った人形やクッションや絵本、そしてカラフルな子供部屋の写真が載っていて、見ているだけで何か作りたくなる。
何てったってさすがパリだから、お部屋自体も雰囲気あるのだから、素敵なのは当たり前なんだけれど、濃いピンクや黄緑やブルーを使いながら、どこかシックな色合わせや、可愛いだけじゃ無くてどこかにちょっと無気味っぽさがあるせいか大人にも通用する可愛さがある縫いぐるみ達は、いつかこんな味のあるモノを作りたいな〜という私の目標でもあるのです。

For a girl―大森〓佑子のスタイリングメッセージ
For a girl―大森〓佑子のスタイリングメッセージ
大森 〓佑子


『FOR A GIRL 大森よ佑子のスタイリングメッセージ』
(文化出版局 )
(おおもり ようこさん・・”よ”は実際は”ニンベンに予”の字です)
大森よ佑子さんのコトは、詳しくは知らなかったのですが、最近何かと気になる名前でした。
一番は、この本の元になった『装苑』のコーナーだったのですが、若いOlive世代の友達からは、常識のように名前を聞いていて、その訳が奥付のプロフィールを見て判りました。
やはり!!と言うか、Oliveで活躍されていたスタイリストさんなんですね・・
岡尾美代子さんもOliveで活躍されていた方で、私がその名前を意識したのはやはり若い友達の口から自然に出て来た事からだったような気がします。
Olive育ちの女の子にとっては、連載をしていたオザケン(は判るぞ!!)やカジくん(・・は付いて行けない・・)・・など、この雑誌を通してお馴染みの人達がいて、その人達を通じて新しい世界が開かれたり、感性が磨かれたりしたのだな〜〜と羨ましいです。
今の雑誌でタイプは違っていても、Oliveと同じ空気があるのが、装苑かもしれません。
時々気になる記事が多い時だけ買っているのですが、その中でも印象に残っていたのが、大森さんのコーナーで、それが一つにまとめられ、本の後ろでは、一つ一つのテーマについて彼女が当時考えていた事などが書いてあって興味深かったです。
3年の間に作られたものは、洋服のスタイリングを越え、とても刺激的で、コレからも何度も見るだろうと思います。

Clip trip
Clip trip
Les Deux


cliptrip

『なごやに暮らす』(下↓に載せてます)を作っておられるユニットles deux(滝村美保子・松尾ミユキ)さんの旅とコラージュの本です。

『なごやに暮らす』のコラージュがとっても好きなんですが、この本はカラーなので、もうどのページも胸がしめつけられるくらい素敵なんです。
読んでいると行ってみたくなる、ストックホルム、アムステルダム、香港、パリ・・訪れた町の魅力的なお話と、旅で集められた様々な紙のコラージュ・・
この集められた紙が素敵で、羨ましい・・お菓子の包み紙やレシートや地図・・キッチュな色と粗い質感が素敵な香港の紙がお葬式で燃やす紙だとは!!
どのページも見ていると、自分でも何か作ってみたくなるような、ワクワクするような楽しさに満ちていて、紙好き、コラージュ好きは必見!!です。






『なごやに暮らす』(les deux /滝村美保子・松尾ミユキ)
ハイジで初めて見つけて以来、新しい号を見つけると買っている。
『「なごやに暮らす」は、私達が毎日の暮らしの中で 
気になるモノ、ヒト、場所を紹介していく小冊子です。
日々を気負わず、ゆっくりと過ごしたいあなたに・・・』
と最初にあります。
バックナンバーはほとんど手に入らないようですが、
1特集/和菓子屋・喫茶店・読むアート
2特集/スープ・古本屋
3特集/ピクニック
4特集/夏の一日講座
5特集/和骨董・アンティーク着物
6特集/美術館とギャラリーへ
7特集/おいしいパンを探しに
8特集/リトルワールドと世界の民芸
特集のタイトルだけ見ても、なんだか心惹かれますよね。
『なごやに暮らす』という名前の通り、出て来る場所は名古屋中心だから、名古屋には行った事も無い私は、最初見た時、買おうとまでは思ってなかったのですが、コラージュチックな作りの中身を見て即好きになって2号から買っていたのでした。
毎回ページの構成が可愛くて、そして中身も読み易く気持ち良い文章で、興味ある事が書かれています。
今回は、愛知県人なら誰でも知っていると言うリトルワールドなんですが、名古屋に行った事のナイ私は、今回はちょっと興味無いかな・・などと思いました、読んでいるとドンドン興味惹かれて、一度行ってみたいなんて思ったくらいでした。
他に私が好きなのは、連載の『豆小町の映画の小物作り』で、映画の紹介とそこからイメージした小物作り。
今回は、私の大好きな小説「リトル・プリンセス」の映画で、豆小町さんが雑貨を中心に紹介された映画も気になるし、作られたクッションもモノクロの紙面なのにとても可愛くて色付きで見たいと思いました。
その他の連載も、「緑のある暮らし」/「本と出会う喜び」/「音楽案内」/「買い付け日記」/「異国の都市の小さなお店」/「気になるあの人の生活」と、雑貨好きな私の好きな雰囲気で、毎回しっかり読んでいます。
次号は、9月15日発売だそうで、特集は「商店街に行きませんか」。
またまた、興味津々です。
東京では、ハイジ/COW BOOKS/アイ・スタイラーズ/などで、広島ではzakka foo で買えるみたいです。
(インターネットでも買えるようです。)
見た目も可愛くて中身も良い、こんな本が作れると良いなと憧れています。

スプーンとフォーク
スプーンとフォーク
松長 絵菜


いつも可愛い本を作られる松長絵菜さんの新刊は、シンプルな表紙が昔の学校の教科書のような、まじめでキチンとした可愛らしさ・・を感じさせます。
新しい本なんだけれど、古いお家の本棚の隅に眠っていた本のような雰囲気があって、それは染めたという本の小口と言うのでしょうか、ページの重なった部分の黄ばんだような色合いからして素晴らしく、その細やかな心配りにウ〜〜ン参った!!と嬉しくも幸せな衝撃でありました。
奥付を見ると、アートディレクションはかのアリヤマデザインストア「有山達也」さん。
ku:nelを始め、私の好きな本のデザインはほとんど彼のお仕事と言ってもいい程の憧れの方・・(ついでに奥様はLEEなどで大人気の伊藤まさこさんという今一番憧れの素敵ご夫婦ですよね・・)。
以前、佐々木美穂さんのHPのniloの本棚のページの第一回のゲストだった時には『?』だったのだけれど、その後、本というのは奥付を見るものだ・・と聞いてから好きだな〜〜と思う本がかなりの率でアリヤマデザインストアのお仕事と知って興味津々、美穂さんのインタビューを読み返して、素敵な人は素敵な人とお友だちなんだな・・とまたしても思ったのでした。
と、本のデザインのことばかりですが、モチロン中身も素敵で、御飯の時間の7時12時19時とおやつの15時21時の二つに分かれていて、シンプルで美味しそうなお料理が松長絵菜さんの撮られた写真でほっこりと可愛らしく載せられています。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

かみさま
かみさま (JUGEMレビュー »)
大平 一枝, 小林 キユウ

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM